人生を変えるおすすめの本厳選7冊

書評
この記事は約5分で読めます。

こんにちは、オノユウ(@yumaonodera_)です。

今回は、私がこれまで読んだ本の中で特にオススメの本を紹介したいと思います。

サピエンス全史

人類の歴史や文明の解説から、幸福とは何かや人類の今後などの考察が記された本。

本書は上下巻に分かれており、内容も非常に濃いため、体系的な教養を身につけるには格好の良書です。

国、会社、法律、お金……

現代では当たり前とされているものの多くが、実は虚構であるという事実に驚かされます。

本書を読むことで、合理的で常識にとらわれない発想、客観的な視野が身につくでしょう。

7つの習慣

成功者に共通する普遍の考え方を解説した本。

7つの習慣で書かれているのはビジネスにおいて成功する秘訣ではありません。

より豊かな人生を送るための秘訣です。

ビジネスシーンだけでなく、人生の様々な場面で活かすことができる内容です。

人生をより良く生きたいと思っている方にオススメの一冊です。

嫌われる勇気/幸せになる勇気

フロイト、ユングと並び、心理学の三大巨頭と称されるアルフレッド・アドラーの思想を解説した本。

自己啓発本のベストセラーです。

本書では青年と哲人の対話形式でアドラーの基本思想を紹介しており、一般の人でも比較的わかりやすい内容になっています。

さらに、アドラーの思想をより実践的な観点で紹介されているのが「幸せになる勇気」です。

特に、対人関係で悩みを抱えている方におすすめします。

お金2.0

お金の起源や本質にまつわる話、これからの経済の歩き方について解説した本。

経済と言うと難しく聞こえますが、本書では一般人にも分かりやすいように丁寧かつなるべく簡単な表現で解説しています。

本書では、仮想通貨、フィンテック、シェアリングエコノミー、評価経済、トークンエコノミーなど、現代人が知っておくべき基本的な知識を解説し、

それらを踏まえた上で新しい経済のルールと生き方について紹介されています。

自分の中に毒を持て

芸術家の岡本太郎氏の著書。

刺激的なタイトルとは裏腹に、意外と万人ウケする内容ではないかと。

岡本太郎さんの人生観が滲み出た一冊。

自分を変えたいと思う方、心に火をともしたい方は、ぜひ読んでみてください。

自分を操る超集中力

こちらはメンタリストDaiGoさんの著書。

集中力にまつわる基礎知識、集中力を維持する方法、集中力を鍛える方法が解説されています。

本書の内容は、大学の研究結果など科学的根拠に則っているため、誰でも実践できる再現性の高い内容となっています。

特に印象的だったのは一日の集中力は決まっていて、物事の選択を繰り返すごとに消費されていくという内容。

集中力をもっと持続させたい方、鍛えたい方は、本書を読んでみると良いでしょう。

エッセンシャル思考

エッセンシャル思考は、簡単に言えば「要領の良い人の仕事術」を紹介した本。

この本の著者、グレッグマキューン氏は、色々なことに手を出さずに、熟考した上で、本当にやるべきことにエネルギーを注ぐべきだと主張します。

物事の重要度や優先順位をよく考え、やることを絞ることで、限られたエネルギーを本当に大切なことに注ぐことができるのです。

 

ちなみに実業家の堀江貴文さんが書いた本で、「多動力」というのがあるんですが、その本とは真逆に近い内容になっています。

多動力と比較しながら読んで、「自分にはどっちのスタイルが合っているかな」と考えてみるのも良いですね。

一応多動力もこちらに載せておきます。

まとめ

今回は、おすすめの本について紹介しました。

今回紹介した本は、いずれも良書なので、読んでおいて損はないです。

気になった本があれば、読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました