【徹底比較】マナブさんのオンラインサロン「CodeLife」と東京フリーランスの「東フリサロン」はどちらがオススメか?

エンジニア
この記事は約6分で読めます。

こんにちは、オノユウ(@yumaonodera_)です。

エンジニア向け無料オンラインサロンを探している人「マナブさんのCodeLifeと東京フリーランスの東フリサロンがどちらがおすすめですか?両方体験した人の率直な意見が聞きたいです。」

こういった疑問にお答えします。

私は、マナブさんのサロン「CodeLife(コードライフ)」に入った後、東京フリーランスの「東フリサロン」に入りました。

なので、どちらのサロンもそれぞれ特徴とメリットを知っています。

というわけで今回は、マナブさんが運営する「CodeLife」と東京フリーランスが運営する「東フリサロン」を比較し、どちらがオススメのオンラインサロンなのかについて解説します。

CodeLifeと東フリサロンの比較

下記5つの観点で比較します。

  • 価格
  • コミュニティの規模
  • コンテンツの豊富さ
  • コミュニティの文化
  • 活発度

価格

価格は同じです。

CodeLifeも東フリサロンも無料で参加できます。

もちろん退会も自由にできるので、どちらも参加する際のリスクはゼロです。

コミュニティの規模

コミュニティの規模は、CodeLifeの方が上です。

CodeLifeは約9500人が参加しています。

エンジニア向けオンラインサロンとしては最大規模ではないでしょうか。

 

一方で、東フリサロンの人数は約2000人ほど。

規模感としてはCodeLifeより小さいです。

とはいえ、それでも十分大きな規模だと思います。

 

なので規模感としては、どちらも大きいですが、

CodeLifeの方がより大きいと言えます。

コンテンツの豊富さ

東フリサロンの方が豊富です。

 

正直、初めて見た時には驚きました。

下記画像は、東フリサロンのチャンネルの一部ですが、ニュース系がかなり豊富ですよね。

エンジニアに向けた情報、デザイナーに向けた情報など、それぞれの分野ごとに耳寄りな情報が日々発信されています。

 

また、ライブ配信などもよく開催されています。

東フリサロンならではのコンテンツが豊富に盛り込まれているのです。

 

一方でCodeLifeのコンテンツは、

正直言って少なめです。

実際にCodeLifeで使うのは、質問部屋か学習報告の部屋ぐらいだと思います。

 

というわけで、

コンテンツの豊富さは、東フリサロンに軍配が上がります。

コミュニティの文化

好みによるかもしれませんが、私は東フリサロンの方が居心地が良いです。

あくまで個人的な印象ですが、、、

コミュニティの文化については、大きく差がある印象です。

 

まず東フリサロンについてですが、例えるなら、学校とか塾みたいな感じです。

運営は4人体制でしっかりコミュニティを管理し、コンテンツを豊富に提供し、メンバーの支援に徹します。

例えば、東フリサロンでは、フリーランスとしての経験が豊富な運営陣にキャリア相談をすることができます。

無料でキャリア相談できるのは、実際かなりありがたいと思います。

運営の支援体制はかなり充実していると言えるでしょう。

 

一方で、メンバーは学びと実践にフォーカスします。

だからこそ、特に「デイトラ実践日記」という実践報告のチャンネルが、かなり活発な印象です。

もちろんメンバー間の交流もありますが、どちらかというと「実践」に重きが置かれている感じですね。

 

一方CodeLifeは、例えるなら、2ちゃんねるの掲示板みたいな感じです。

なので、実践というよりかは、雑談部屋での交流がメインですね。

あとはルールが厳密に決められているわけではなく、運営もあまり関与しないので、メンバー同士で文化を作っていく感じです。

これが良くも悪くも、、、好みが分かれるという感じですね。

 

東フリサロンとCodeLifeでは、メンバーの言葉使いとか、態度とか、学習への取り組み具合とか、だいぶ差がある印象ですね。

多分、東フリサロンの人がCodeLifeにきたら空気感の違いにびっくりすると思いますし、CodeLifeの人が東フリサロンにきたら周りが優等生すぎてびっくりすると思います。

それぐらい文化が違います。

 

自由に雑談を楽しみたいという人には「CodeLife」を、

真面目に学習に取り組みたいという人には「東フリサロン」をおすすめします。

活発度

東フリサロンの方が活発です。

 

東フリサロンでは、4人の運営陣が積極的にコンテンツを投下しており、

開けばだいたいどれかしらのチャンネルは更新されている感じです。

また、メンバーによるカリキュラムの実践報告や、案件の紹介も行われているので、全体的に活発な印象です。

 

一方、CodeLifeは活発ではないです。

下記画像は質問部屋の投稿。

露骨な感じすみませんが、できるだけリアルな情報をお届けしたいので、スクショを載せました。

 

雑談部屋もありますが、雑談部屋では数人のメンバーがたまに会話しているという感じです。

新しく入ってきた人にとっては、正直ちょっと話しづらい空気を感じるかもしれません。

CodeLifeは人数は多いのですが、その中で実際に活動している人はごく少数なのです。

 

というわけで、活発度は東フリサロンに軍配が上がります。

どちらがおすすめか?

これまでの比較をふまえると、

エンジニア向けオンラインサロンでおすすめなのは「東フリサロン」です。

 

理由は下記3つ。

  • コンテンツが豊富
  • 学びと実践に適した文化
  • コミュニティが活発

東フリサロンには、フリーランスやエンジニアとしてのキャリアを考えている人にとって、とても良い環境であると言えます。

今からエンジニア向けサロンに入るなら、まず「東フリサロン」に入ってみると良いでしょう。

 

その上で、もし「異文化も経験してみたい」と興味が沸いたら、「CodeLife」に入るのもナシではないです。

ただし、フリーランスやエンジニアとしてのキャリアを考えるなら、「東フリサロン」をメインに考えましょう。

雑談に足を引っ張られて成長が止まってしまっては、本末転倒です。

まとめ

これから駆け出しエンジニアとして仲間と一緒に学習していきたいという人には「東フリサロン」がオススメです。

技術に関する質問、豊富なコンテンツ、キャリア相談の場、実践報告の場などが無料でついてくるって、かなりありがたい話です。

そして、意識の高い仲間が日々実践を報告しあい、切磋琢磨しあっている。

駆け出しフリーランスやエンジニアにとって、恵まれた環境だと言えます。

なので、エンジニア、フリーランス向けのオンラインサロンを探している方は、「東フリサロン」をおすすめします。

 

というわけで、今回は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

今回紹介したオンラインサロン

コメント

タイトルとURLをコピーしました