仮想通貨とは何か【初心者に分かりやすく解説】

仮想通貨
この記事は約8分で読めます。

こんにちは、オノユウ(@yumaonodera_)です。

去年ごろから話題となり始め急速に流行り始めた仮想通貨。未だに知らない人も多いんじゃないでしょうか。

今回はそんな方のために「仮想通貨」についてできるだけ分かりやすく解説します。

「仮想通貨」とはどんなもの?

仮想通貨とは実体のないデジタル上にのみ存在するお金のことです。

有名なものだとビットコインやイーサリアムなどがありますが、実はSuicaやPASMOなどの電子マネーも本来は仮想通貨に含まれます。

今回はそんな仮想通貨の中でも、ビットコインなどの「暗号通貨」と分類されるお金に関するお話です。

 

仮想通貨を理解する上で重要なキーワードが2つあります。

「ブロックチェーン」と「マイニング」です。

この2つの概念を知らずして仮想通貨は語れません。

それぞれ解説していきたいと思います。

ブロックチェーンとは

仮想通貨は参加者みんなで運用することになっています。

世界中にいる参加者がお互いに取引を確認し合うことで、正しさを担保しています。

仮想通貨は日々様々な場所で取引されています。

それらの取引はすべて記録され、数珠つなぎのように古い取引から順につながっていくのです。

このことを仕組みを「ブロックチェーン」といいます。

これにより取引の改ざんを未然に防ぎ、国際間の送金時間を短縮したり送金にかかる手数料を減らしたりできるわけです。

マイニングとは

世界中の取引をすべて記録し、数珠つなぎのように古い取引から順につなげていく仕組みをブロックチェーンといいました。

しかし古い取引記録に対し新しい取引記録を付け加えるとき、ちゃんとつじつまがあっているか計算する必要があります。

これには膨大な量の計算が必要で、それを世界各国のコンピュータに分散させて行っています。

 

世界中から有志を募り、そのコンピュータを計算用に使うことで運用しているわけです。

そして誰よりも早く計算を成功させた人には報酬としてビットコインやイーサリアムなど、運用している仮想通貨が支払われます。

これを「マイニング」といいます。

 

このマイニングにはとてもコストがかかります。

なので今は個人でやっている人はほとんどおらず、マイニング業者と言われる専門の企業が行っています。

そしてそれらの企業は電気代の安い国に集中してます。

ちなみに中国は2017年頃までは電気代が安くマイニング天国でしたが、2018年になって中国政府がマイニング規制を始めたため、

マイニング業者が続々と海外亡命しているらしいですね。

仮想通貨の種類

仮想通貨と一口に言っても様々な種類があります。

2018年4月現在の時点で約1600種類ほどありますが、ここでは代表的な通貨を4つ紹介します。

ビットコイン

どんなものかは知らなくても名前だけは知っているという人多いんじゃないでしょうか。

ビットコインは世界で初めてブロックチェーンの仕組みを用いた仮想通貨です。

ビットコインはサトシ・ナカモトを名乗る人物によって投稿された論文をもとに2009年に運用されました。

ちなみにサトシ・ナカモトは、本名なのか、そもそも個人なのかも含めて正体不明です。

 

2018年4月現在、ビットコインは最も市場価格が高い仮想通貨で、仮想通貨の中で代表的な存在です。

日本円のことをJPYと表すようにビットコインのことをBTCと表す場合もありますので覚えておくと良いと思います。

ちなみに2018年4月時点で、1BTCで約100万円の価値があります。通貨の価値は常に変動するので、今後も価値が上がったり下がったりするでしょう。

イーサリアム

まずイーサリアムは本来仮想通貨ではありません。

あくまで仮想通貨を効率的に運用するためのプラットフォーム(基盤)の名称やプロジェクトのことを指します。

そのイーサリアムプロジェクトで使われている通貨が「イーサ」なので、通貨のことを言うなら本来は「イーサ」が正しいのですが、

世間では「イーサリアム」として広まっています。

なんだかややこしいですね笑

なのでここでは「イーサ」ではなく「イーサリアム」と呼ぶことにします。

 

イーサリアムなど、ビットコイン以外の仮想通貨のことを「アルトコイン」といいます。

イーサリアムはアルトコインの一種で、その中でも人気の高いコインです。

イーサリアムの大きな特徴として挙げられるのが「スマートコントラクト」という契約を自動化する仕組みを採用していることです。

これにより、ある条件を満たすと様々な契約をプログラムで自動的に行ってくれることになります。

 

中古物件の取引を例にすると、まず売り手はスマートフォンで家のドアに鍵をかけます。

そして買い手は定められた条件に従って金額を支払うと、自動的に家の所有権が変更され買い手のスマートフォンで家の鍵を開けられることになります。

 

またゲームで例えるなら、モンストであるイベントをクリアすると自動的にグラブルの限定キャラが貰える、

なんてコラボも実現するかもしれません。

そうすれば今までグラブルしかやってなかったけどモンストやってみようとかなるかもしれませんよね。

まあ私はどっちもやったことないんですが笑

 

こういった特徴があるので、今後の将来が期待されています。

リップル

リップルは、Ripple Incによって運営されている送金ネットワークのことです。

その送金ネットワークで使われる通貨を「リップル・プロトコル」といいますが、

ここでは一般的な呼称である「リップル」と呼ぶことにします。

 

リップルはマイニング発行がありません。

他の多くの仮想通貨がマイニングという仕組みによってみんなで管理する方針なのに対し、

リップルの場合はあくまで発行元であるRipple Incが管理するという方針です。

マイニングはどうしても電気代の安い国や資本力のある企業が有利だったりしますが、

リップルの場合、発行元の会社で管理されるので、ある意味公平な仕組みとも言えます。

 

リップルは何を目指しているかと言うと国際間送金の効率化です。

従来の国際間送金は仲介とする銀行が多く、手数料が多く発生し送金に時間がかかりました。

その送金をリップルを用いて管理することで、手数料を低く抑え、送金時間を短縮することができます。

また、リップルはマイナー通貨同士など、通貨間の直接的な取引がない場合にブリッジ通貨として機能します。

簡単に言うと両替を補助する役割を果たしてくれるわけです。

 

また、決済速度が早いのでビットコインと比べて、送金時間が短く送金手数料も安いです。

リップルは企業がバックについているので安定性に強みがあると言えるでしょう。

モナコイン

日本の掲示板サイト2ちゃんねる発祥でMr.Watanabeが「ライトコイン」を元にし開発された日本初の仮想通貨です。

モナコインには投げ銭文化というのがあり、好きなイラストを描いてもらったお礼としてモナコインを寄付したりできます。

日本のネットカルチャーの中で独自の発展を遂げてきた仮想通貨です。

 

また、世界初のセグウィット採用通貨でもあります。

セグウィットとはブロックチェーン上に記録される取引のサイズを圧縮することで、1ブロックあたりに記録できる取引の量を増やすことを指します。

それによって速やかに取引を処理することができます。

なんで流行ってる?

ビットコインなど仮想通貨を買う人の大半が「投資」や「投機」を目的としています。

つまりお金儲けがしたいわけです。

どうやって儲けるかについてビットコインを例に解説します。

 

例えば1BTCの現在の価値が100万円だとします。

あなたは1万円で0.01BTC買ったとします。

これで1万円分のビットコインが手に入りました。

 

1ヶ月後、ビットコインがニュースで話題になり、みんながビットコインを買い求めるようになりました。

当然ビットコインの価値も上がり、1BTCの価値が120万円になりました。

するとあなたが持っているビットコインは0.01BTCなので1万2千円分の価値になったということになります。

今の時点であなたが持っているビットコインを売却することで、買った時の価格(1万円)と現在の価格(1万2千円)の差、

つまり2千円が儲かったということになります。

まあ実際には売却時の手数料とかもかかるわけですが。

 

仮想通貨は価格が安い時に買い、高い時に売ることで利益を得ることができます。

株などと一緒ですね。

ただ仮想通貨は株と違い企業ではなくみんなで管理しています。

通貨の価値は企業の業績に左右されませんし、規制も少なく本来手軽に売買できる性質があります。

この性質に目をつけた「ビットフライヤー」や「コインチェック」などの仮想通貨の取引所は、

スマホアプリを作りみんなが簡単に仮想通貨を売買できるようにしました。

そして、仮想通貨を知らない人を呼び込むためにCMで宣伝しました。

これによって誰でも簡単に仮想通貨の取引できるようになり、CMを打ったことで知名度も急上昇し話題になったのです。

まとめ

今までの内容を簡単にまとめるとこんな感じです。

  • 仮想通貨はデジタル上にのみ存在する実体のない通貨
  • 「ブロックチェーン」の仕組みを用いてみんなで取引の管理している
  • 仮想通貨の中にも色々な種類があり、ビットコイン以外の仮想通貨は「アルトコイン」という
  • 取引所が独自のアプリを作りCMを打ったことで流行り始めた

仮想通貨について少しでもわかっていただけたかと思います。

もし仮想通貨を買う場合はご自分の判断で決めてください。投資にリスクはつきものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました