世の中には2種類の人間がいる。農耕民族タイプ、遊牧民族タイプ。あなたはどっち?

オピニオン
この記事は約2分で読めます。

こんにちは、オノユウ(@yumaonodera_)です。

世の中には2種類の人間がいます。

農耕民族タイプと遊牧民族タイプ。

今回はそれらの特徴について解説していきます。

自分がどちらのタイプに当てはまるか診断してみましょう。

農耕民族タイプと遊牧民族タイプの違い

一言で言えば、自分が所属する環境をより良くしようとする人は農耕民族タイプ、

より良い環境へと渡り歩いていく人は遊牧民族タイプです。

  • 仕事
  • 人間関係
  • 暮らし

上記3つの観点から、農耕民族タイプと遊牧民族タイプの違いを考察してみました。

仕事

農耕民族タイプは、仕事に安定を求めます。

一つの会社に長く勤めたいと考えており、一部の人はより上位の役職へと出世することを望んでいます。

仕事が多少嫌でも我慢し、できれば職場の環境をより良くしようと工夫します。

 

遊牧民族タイプは、仕事にやりがいを求めます。

自分のやりたいことができる環境を求め、色々な環境を次から次へと渡り歩いていきます。

仕事が嫌なら働く場所そのものを変え、自分にあった環境を探します。

人間関係

農耕民族タイプは、誰とでも仲良くしようとします。

コミュニティの調和を保つことを重視し、多数派の意見に合わせます。

自分と合わない人でも多少我慢し、できれば仲良くなろうと工夫します。

 

遊牧民族タイプは、自分が好きな人とだけ仲良くします。

自分の価値観を優先し、マイペースに行動します。

自分と合わない人とは無理して関わらず、そっと離れます。

暮らし

農耕民族タイプは、住み慣れた街に定住します。

家はくつろげる空間を重視し、部屋のインテリアも工夫します。

ローンを組んで、出来るだけ立派な家を購入します。

 

遊牧民族タイプは、自分に合った街を探し求め、場合によっては海外に移住することもあります。

身軽さを重視し、物はあまり所有しません。

毎月家賃を支払い、その時の気分に合わせた家で暮らします。

まとめ

今回は農耕民族タイプと遊牧民族タイプについて解説しました。

自分が所属する環境をより良くしようとする人は農耕民族タイプ、より良い環境へと渡り歩いていく人は遊牧民族タイプです。

あなたはどちらでしたか?

私は元々農耕民族タイプでしたが、環境を変えるよりかは自分に合った環境を探す方が楽だと思い、最近は遊牧民族タイプになりました。

もし自分のライフスタイルを一変させたいと思うなら、今の自分とは違うタイプの価値観を見習ってみると良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました