プログラミングで初めて案件を受注したので振り返ります。

日記
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、オノユウ(@yumaonodera_)です。

プログラミング学習して約2ヶ月で初めて案件を受注しました。

素晴らしい経験になったので、今回はその時の状況を詳しく解説します。

受注時の状況

マナブ(@manabubannai)さんという方が運営するエンジニアのコミュニティ「Codelife」で受注しました。

発注者さんとしては元々クラウドワークスで発注する予定だったらしいのですが、今回は実験的にコミュニティを活用して案件を依頼するとのことでした。

駆け出しエンジニアの私としては、ありがたかったです。

 

案件の内容は、データの表示画面で、ページ数は1枚。

見た感じで「この案件なら自分でもいけるかもしれない」と思ったので、ためらわず提案しました。

提案内容としては、

こういった依頼を受けるのは初めてなのですが、経験の為にもぜひチャレンジしてみたいと思っています。
今日から着手可能ですがいかがでしょうか?

なお質問や納品等は、このSlack内でやり取りする形で問題ありません。

クラウドソーシングで提案する際は、もう少し丁寧な方が良いかなと思いつつ、

今回の場合は、コミュニティ内でのやりとりなので、ざっくりとしたメッセージです。

発注者さんとしては、質問や納品等のやりとりはオープンでやった方が面白そうとのことで、私も同じ意見だったのでその提案に乗っかりました。

 

運よく一番先に提案できたこともあり、快く任せてもらえました。

受注できたことが嬉しくて、思わずニヤけつつ、喜びを噛みしめつつ、早速作業に取り掛かりました。

想定よりかは難しかった【正直な感想】

ありがちなパターンかもですが、、、

受注当時は簡単そうに見えたものの、いざ取り掛かってみると、意外に苦労しました。

 

特に悩んだのは、「ソースの構造」です。

後でシステムに組み込むので、動的に変更される部分を考慮しなくてはいけませんし、ソースもシンプルに保つ必要があります。

課題点を整理しつつ、いつ頃に完了するだろうかと見通しを立てて、作業を進めていきました。

 

当初の見込みとしては3時間とかで終わるかなと思っていたのですが、実際には6時間ぐらいかかりました。

余裕をもって取り組むことが大切ですね。

納品の流れ

やったことは次の2つです。

  • 作ったフォルダをzip化
  • IE、Chrome、Firefoxで作った画面をスクショして、フォルダに入れzip化

確認依頼のメッセージを添え、納品しました。

 

その後、見た目と構造の調整依頼が入ったので、作業に取り掛かりました。

Firefoxというブラウザが少々くせ者でして、見た目の調整をした時に表示崩れを起こしました。

 

試行錯誤し、なんとか調整を終え、再度納品をしたところ無事OKをもらえました。

納品後の流れ

納品後に伝えるべき情報がいくつかありまして、それは下記の情報です。

  • 銀行名
  • 支店名
  • 預金科目
  • 口座番号
  • 口座名義

クラウドソーシングの場合は、事前に登録すれば良いと思いますが、そうでない場合は、口座情報を伝える必要があります。

仕事を進める上で意識した点

下記の2つです。

  • 快適なコミュニケーション
  • 迅速な対応

依頼する側としても、なるべく最低限のやり取りで済ませた方がラクなはずですし、出来るだけ早めに納品してもらった方が助かるはず。

なので、上記の2つは特に意識しました。

 

というわけで、今回は以上となります。

今後も引き続きスキルアップのために勉強しつつ、クラウドソーシングでの受注を目指して、行動していこうと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました