友達はいらない?現代人に必ずしも友達が必要ではない理由

ライフスタイル
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、オノユウ(@yumaonodera_)です。

友達付き合いが面倒な人「なかなか友達が作れない。そもそも友達付き合いというのも何だか面倒になってきた気がする。」

こういった方向けの記事。

本記事では、現代人に必ずしも友達が必要ではない理由について解説します。

そして記事後半では、良好な人間関係を築く原則について解説していきます。

友達との付き合いが面倒になった方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

友達は必ずしも必要ではない

友達を作らなければいけないと考える人多そうですが、それは完全な思い込みです。

 

昔であれば友達を作る必要はありました。

なぜならコミュニティが村単位で機能していたから。

昔の村は非常に強い結束力で構成されていました。

そのため、友達に恵まれている人ほど食べ物を恵んでもらえたり、出産や育児の手伝いをしてもらえるなど村の中で有利に活動できます。

 

ただ、現代では社会保障制度が充実しているため、いざとなった時には国が面倒見てくれます。

必ずしも友達がいなくても生きて行ける時代になったわけです。

お金や時間といったコストをかけてまで友達を維持する必然性は弱くなります。

 

ではなぜ、友達が多い方が良いという感覚があるのか。

それは学校教育にあります。

小〜高校などのクラス制学級では、友達が多い人がスクールカーストの上位に君臨します。

これは昔の村社会と同じですね。

そのため、小〜高校での学校生活を経験した多くの人は、友達が多い=得すると考えて育ちます。

 

ところが実際には、友達が多ければ得するというのは誤った認識です。

正確に言うと、同じ環境で活動する仲間が多い方が有利というのが正しいです。

繰り返しになりますが、現代は昔と違い必ずしも友達がいなくても生きていける時代です。

友達を作らなければいけないというのは、社会や伝統が作ったイメージにすぎないのです。

良好な人間関係を築く原則

先ほど、友達は必ずしも必要ではないと言いました。

とはいえ、良好な人間関係を築くと人生過ごしやすいもの。

 

では、良好な人間関係を築く上で何を意識すべきなのか。

  • 友達よりも仲間と繋がるべし
  • 無理して友達に付き合う必要はない
  • 意識の低い人と関わると損をする

上記3つに焦点をあて、詳しく解説します。

友達よりも仲間と繋がるべし

昔は村の掟が絶対で、価値観は主に村や特定のコミュニティごとに統一されていました。

今はインターネットの普及とそれに伴うグローバル化によって、海外の価値観も知ることができます。

また、SNSの普及によって、誰でも意見を発信できるようになり、その結果多様な価値観が広まりました。

そうなると、当然友達との価値観にも大きく差が出たり、感覚の違いを感じることも多くなります。

 

だとすると、

例えば、アプリ開発をしたい時はこの人と、テニスしたいときはこの人と、というように、

目的に応じて付き合う人を変える方が心地よいのではないかと。

つまり、昔からの友人として関わるのではなく、同じ目的を共有する仲間として関わるイメージです。

そのため、友達よりも仲間と呼べる人と関係を築いた方が良いでしょう。

無理して友達に付き合う必要はない

たとえ昔からの親友であっても、歳を重ねるごとに価値観の違いや差が出ることはしばしばあります。

価値観の違いにストレスを感じるぐらいだったら、友人関係を維持するために無理して会う必要はないでしょう。

そもそも友達とは、自分の人生を豊かにするために築く関係。

お互いにWin-Winの関係でなければ、それはもう友達とは言えないんじゃないでしょうか。

今の人間関係を見直して、新しい仲間を探すことも検討してみましょう。

意識の低い人と関わると損をする

あなたに叶えたい夢や達成したい目標があるのであれば、人間関係は慎重に考えた方がいいです。

意識の低い人間と関わると、気づかないうちに貴重な時間とモチベーションを奪われてしまうからです。

下記に意識の低い人が使う言葉をまとめましたので、参考にしてください。

「いや絶対無理だろ」

「現実見た方がいいよ」

「暇なんだけど……」

「無理」とばかり言っている人が成功した例を今まで見たことがありませんし、目標に向けて努力している人間から「暇」なんて言葉は出ないはずです。

意識の低い人間との関係を維持するぐらいなら、友達はいない方がまだマシです。

まとめ

現代において、友達は必ずしも必要なものではないです。

どんな人間も歳を重ねるごとに価値観は変わるもの。

もし友達付き合いが面倒だと感じたら、いったんゼロベースで人間関係を設計しなおしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました