目標を宣言するとモチベーションが低下する理由

メンタルマネジメント
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、オノユウ(@yumaonodera_)です。

目標宣言の効果が知りたい人「目標を宣言して自分を追い詰めたほうが、目標を達成できるって聞いたけど、実際どうなんですか?」

こういった方向けの記事。

結論から言いますと、、、何か達成したい目標があるとき、それは周りに言わない方が良いです。

目標を宣言すると勘違いの満足感を得てしまう

目標を宣言すると自分を追い込むようになるため、目標を達成しやすくなるという人がよくいますが、それはむしろ逆効果です。

ニューヨーク大学の心理学教授ペーター・ゴルヴィツァー氏の実験では、

目標を宣言すると、それだけで心が目標を達成したかのように錯覚してしまい、モチベーションが低下してしまうということが明らかになっています。

 

実験では、まず始めに163人の被験者が自分の目標を紙に書きます。

次に、被験者のうち半分は、目標の実現を会場の皆に宣言しました。

残り半分は、沈黙を守りました。

そして被験者には45分の時間を与えられ、それぞれ目標実現のための作業に従事しました。

なお、作業はいつでも好きな時に止めてしまってよいとされています。

 

その結果どうなったか。

沈黙を守ったグループは平均で45分間、作業を完遂しました。

後の質問に対し彼らは、「目標実現までには、さらに頑張る必要がある」と答えました。

しかし一方で、目標を宣言してしまったグループは、平均でわずか33分後に作業を止めてしまったのです。

後の質問に対し彼らは、「あと少しで、目標を実現できる所まで来ていた」と答えました。

 

実は私も資格取得することを社内で公言したことがあるのですが、、、

結果、達成できませんでした。

改めて振り返ってみると、確かに目標を宣言したことで満足感を得てしまった気がします。

目標を宣言すると、達成前に満足感が得られる。

だからこそ、モチベーションが長続きしないのです。

成果の報告をモチベーションにしよう

目標達成のモチベーションを高めたいのであれば、

目標を宣言しない代わりに、成果を報告するようにしましょう。

例えば、ダイエットに挑戦しているのであれば、密かに努力して、成果が出たら人に言うようにする。

資格勉強しているのであれば、そのことを他の人に言わずに、資格取得してから報告するようにする。

そうすることで、成果を言うために頑張ろうという気持ちになります。

まとめ

目標を達成する上で、目標を宣言するのは逆効果です。

自分の目標を誰かに言うと気持ちが軽くなりますが、その分モチベーションも下がります。

本気で目標を達成したいなら、沈黙を貫いて影で努力するようにしましょう。

成果が出たらその時には胸を張って報告すれば良いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました