学校生活を送る上で効果的な「キャラ」の作り方【くすぶってる男子向け】

オピニオン
この記事は約9分で読めます。

こんにちは、オノユウ(@yumaonodera_)です。

あなたは学校でどんなキャラで過ごすか悩んだことはありませんか?

私は学生時代、自分をどう見せるか悩みまくって、色々なキャラを試してきました。

 

キャラなんか考えなくてもいいって意見の人もいますが、そういった方はスクールカーストの上位にいる場合がほとんどです。

そういった人はこの記事を読む必要はありません。

頭を空っぽにしてどうぞ楽しい楽しいスクールライフを満喫してください。

 

逆に、スクールカーストで下位になる可能性の高い陰キャラ勢は、

いじめられないためにも、みじめな思いをしないためにも、前もってキャラを定めておくことが大切です。

 

今回はそんなくすぶってる男子向けに、学校生活を送る上で効果的な「キャラ」について解説していきます。

キャラ一覧

まず、どんな「キャラ」が存在するか一覧にしてみます。

キャラ一覧

  • ワイルド系
  • 元気系
  • クール系
  • 真面目系
  • 面白系
  • 天然系
  • 不思議系

クラスの中を見ていれば分かりますが、誰もが上記のうちいずれかに当てはまるはずです。

特徴を一つずつみてみましょう。

ワイルド系

「暑っちーなーーー!!おい!窓全開にしようぜ!」

ワイシャツの第二ボタンを外して色気を出してみたり、

パンツが見えるか見えないかギリギリのラインまでズボンを下げて履いていたり、

ズカズカとガニ股で歩くようなやつは「ワイルド系」です。

「ジャイアン」から純粋さと仲間想いの性格を取り除いたら「ワイルド系」になります。

 

私たち陰キャラ勢からすると、こいつらから被害を受けた件数は数え切れません。

とても憎い奴なのですが、

しかしこういった人がスクールカーストの上位に君臨し、暴利を貪り、そして女子からモテます。

憎いです。

イメージカラーは「赤」

属性は「王」

元気系

「みんな〜運動会の打ち上げどこに行く?俺焼肉いきてえ。2次会はカラオケとかどう!?」

運動会が始まる前から打ち上げの話をしたり、文化祭で意見をバンバン出すような奴は「元気系」です。

 

この人たち、普段は良い人たちなのですが、話のネタがなくなると、陰キャラ勢をイジり始めます。

基本良い奴なんだけど、同時に厄介な存在でもあります。

ただ味方にすると大きく有利になるので、こいつらをいかに活用するかが学校生活攻略の要です。

 

元気系はどのシーンにおいても活躍するので、全キャラ中もっとも女子からモテます。

イメージカラーは「オレンジ」

属性は「貴族」

クール系

「……俺は別になんでもいいよ」

クール系は多くを主張しません。

なので味方にはつけにくいものの、基本的に無害な存在です。

 

勘違いしないでください。

クール系は「陰キャラ」ではないし、「ぼっち」でもありません。

あくまで「クール」なのです。

 

涼しい顔してバスケとかで活躍したり、実は影で女子からモテてたりします。

こっちからすれば、

(ちょっ、おまっ、待てって!彼女いんじゃねーか!俺と同類じゃなかのかよorz)

という感想を抱きます。

イメージカラーは「青」

属性は「騎士」

真面目系

「え?宿題忘れた?じゃあ俺のノート貸すから写しなよ」

でました。

本当はいけないんだけど、宿題の答えを見せちゃう系男子。

だけど先生からの信頼は厚いから、いけないことがバレてもあまり注意されない系男子。

 

こいつらは非常に頭がキレる。

どうやったら自分が学校という檻の中で有利に立てるかを知っている。

実際、「真面目系」が、ワイルド系や元気系のターゲットにされることはほとんどありません。

なぜなら、ワイルド系や元気系も、真面目系にノートの写しなどでお世話になっているからです。

 

運動できない真面目系は体育の授業や運動会とかで不利に立たされるのですが、

実際学校で運動することって全体のうちの数パーセントなので、そこ以外は事実上真面目系のコントロール下です。

イメージカラーは「濃紺」

属性は「学者」

面白系

「じゃあ一発ギャグやりまーす!」

誰かに頼まれてギャグやるハメになる立ち位置。

この辺からカースト的に怪しくなってきます。

 

素で面白い人とか、自ら面白いことをやるなら良いのですが、

強制されて不本意に面白いことをやらなきゃいけなかったりするケースもあるので、なんとも言えないキャラです。

 

面白系は陰キャラ勢をいじることもあるのですが、それは大抵裏で誰かが指示・誘導している場合が多く、

基本的に彼らは無害です。

イメージカラーは「黄色」

属性は「曲芸師」

天然系

「え?宿題の答え合わせ?……あったっけそんな宿題??」

周りからはちょっとズレてるんだけど、まあこいつなら許せるかと思われるような存在。

女子からは「かわいい」と言ってもらえます。

 

とはいえ、「天然系」は結構危ういキャラです。

というのも、天然系は単純に「バカ」というレッテルを貼られるリスクがあるからです。

一度「バカ」というレッテルを貼られてしまうと、周りから愛想を尽かされ、一気にカーストの最下位に転落してしまいます。

イメージカラーは「緑」

属性は「農民」

不思議系

「視えるっ!君たちには霊がついている!」

よくわからないことを言う奴、

よくわからないことをする奴、

こういった人は「不思議系」に該当します。

 

「不思議系」には、魅力的な不思議系と、そうでない不思議系がいます。

魅力的な不思議系というのは、一言で言えば「ミステリアス」。

話すと普通なんだけどどこか深みを感じさせ、そして本当に不思議な能力を持っている場合に限ります。

 

一方魅力的じゃない不思議系というのは、ポジション取りに失敗した人が行き着く先です。

普通にしていても不思議というレッテルを貼られ、天然系のような魅力も持っていないので周りから敬遠されがち。

 

不思議系は「深み」を感じさせるかどうかで、印象が大きく変わってきます。

イメージカラーは「紫」

属性は「占い師」

 

さて、ここからが本題。

どこのポジションを陣取るか。

結論:真面目系一択です

結論から言うと、あなたが取るべきポジションは「真面目系」一択です。

私は「ワイルド系」以外の全てのキャラを体験してきまして、最も充実した学校生活を送れたのが「真面目系」でした。

 

真面目系のメリット

真面目系キャラには多くの利点が存在します。

  • 演じやすい
  • 言葉に説得力が増す
  • 演じているうちに自然と頭が良くなる
  • 頭脳で有能さをアピールすることで、ワイルド系や元気系、先生まで味方につく

上記のとおり、メリットだらけです。

キャラ設定で迷っている人は、今すぐに真面目系キャラにジョブチェンジしましょう!

 

他のキャラは以下の理由でオススメしません。

  • ワイルド系
    →周りから浮き、ワイルド系の本家からターゲットにされるリスクがある
  • 元気系
    →常に明るく振る舞わなければいけないので、すぐに素がバレる
  • クール系
    →カッコつけただけの陰キャラだと思われる
  • 面白系
    →いじられやすいので、そのうちメンタルが病む
  • 天然系
    →愛嬌がないと、単なる馬鹿だと思われる、多分君には無理
  • 不思議系
    →魅力が備わってなければ周りから敬遠される

……おわかりいただけただろうか。

要するに君が演じられるのは、真面目系だけです。

それ以外のキャラは、難易度もリスクも高すぎるのです。

 

ワイルド系や元気系は常に明るく振る舞わなければいけないので負担が高いし、

天然系は少しの期間は女子からかわいいって言われるから良いけど、そのうち飽きられてポイされます。

面白系はいじられやすいし、そのうちいじりがエスカレートしていくので、わりと過酷です。

クール系や不思議系は、陰キャラと紙一重なので、陰キャラが演じても「変わった陰キャラ」というレッテルが貼られるだけ。

一方、真面目系は演じやすい上に、敵を作りにくいキャラなので、陰キャラにうってつけ。

 

繰り返しますが、あなたが演じるべきキャラは「真面目系」一択です。

真面目系キャラの作り方

ポイントは2つです。

  • 宿題は絶対に提出する
  • クラスの上位20%以内の成績をとる

一つずつ解説していきます。

宿題は絶対に提出する

一番重要なポイントですが、宿題は必ず提出しましょう。

宿題を毎回提出することが「真面目」という印象をもたらすからです。

宿題をきっちりこなすことで、先生からの評判も良くなり、味方も徐々に増えていきます。

さらに成績も良くなるので、一石二鳥です。

宿題ぐらい出せないようでは、学校生活は諦めた方がいいです。

クラスの上位20%以内の成績をとる

実は学校では真面目系が活躍するイベントがいくつか用意されています。

それは定期試験と成績表が配られる時。

このタイミングで頭の良さ・成績の良さをアピールできれば、一気に地位が安定します。

 

しかも勉強でステータスをアピールできるって結構「美味しい」ですよね。

考えてみてください。

運動ができても活躍できるシーンはせいぜい体育の授業と年1回の運動会ぐらい。

体育の授業は中学生からは男子と女子は別々で授業を受けるので、女子にアピールすることはできません。

 

一方、頭が良ければほとんどの授業でアピールできるチャンスがあります。

定期試験の結果や成績表の発表など、学校では頭の良さをアピールできるイベントは無数に用意されています。

勉強を頑張っておくことで、学校生活で優位に立つことができるのです。

 

人から頭が良いと思われる目安はだいたい上位20%以内です。

40人のクラスなら、ベスト8に入ればいい。

大規模な専門学校だと60人のクラスもありますが、それなら12位以内が目安ですね。

この辺の順位をキープしておくと、真面目系キャラの権威性が増します。

 

基本的には勉強だけ頑張ればOKです。

無理に友達を作ろうとしなくていいし、無理に目立つ必要もありません。

勉強だけ頑張って、真面目そうな雰囲気を醸し出しておけば、周りから人が集まってきます。

あとは性格が合いそうな人とだけつるめば問題ありません。

 

キャラに反することはしないように

一つ注意点ですが、キャラに反することはしないようにしましょう。

理由は、キャラに一貫性がなくなると、不信感を抱かれたり、周りから浮くからです。

例えば、真面目系なのにギャグをしたり、学校以外の場で悪ぶってみたりとかはNG行為ですね。

特にギャグは求められても絶対に応じないことです。

一度受け入れれば徐々に要求がエスカレートするし、イメージ戦略としても損しかないです。

「真面目系」で楽しいスクールライフを

繰り返しですが、真面目系キャラを演じましょう。

「楽しい」とまではいかないかもしれませんが、

少なくとも何も対策を打たないよりは、はるかにマシな学校生活が送れるはずです。

 

というわけで、今回は以上になります。

真面目系キャラで、クソつまらない学校生活を少しでも満喫しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました