IT業界の職種を解説【全部で5種類】

エンジニア
この記事は約5分で読めます。

こんにちは、オノユウ(@yumaonodera_)です。

IT業界で働きたい人「IT業界の職種って色々あるけど、それぞれどんな役割なんだろう。詳しく知りたい。」

こういった疑問に答えます。

私もIT業界に就職する前は、それぞれの職種の違いが分からず、調べまくった経験があります。

IT業界は横文字の職種が多く、未経験者にはどんな仕事をするのかイメージしずらいのも事実です。

そこで今回は、IT業界で働きたい人向けに、IT業界の職種をそれぞれ解説していきます。

IT業界の職種は大きく分けると5種類

IT業界の職種は大きく分けると下記の5種類です。

  • エンジニア
  • ITストラテジスト
  • ITコンサルタント
  • システムオペレーター
  • システム監査

それぞれ解説していきます。

エンジニア

主にプログラムを書いたり、画面のデザインを作るなど、モノづくりに携わる人のことをエンジニアと言います。

IT業界に就職する人の大半はエンジニアからキャリアをスタートするでしょう。

また、エンジニアの中でもさらに細かく役割が分かれます。

プログラマ

プログラマは、実際にプログラムを書いていく役割です。

後ほど解説する「SE(システムエンジニア)」が作った基本設計を元に、さらに詳細な設計をし、その後プログラムを書いていきます。

デザイナー

デザイナーは、画面のデザインを設計したり、作る役割です。

基本的なプログラミングスキルに加えて、デザインセンスも求められる仕事です。

SE(システムエンジニア)

SEはお客さんと話し合い、要求を分析してまとめる役割です。

要求をまとめたら、その要求をどのように実現したら良いか計画を立て、システムの基本設計も行います。

また、SEの中でもプロジェクトを主導する立場として開発チームの指揮をとる人をPL(プロジェクトリーダー)といい、お客さんとの交渉や人員の確保などを専門で進めていく人をPM(プロジェクトマネージャー)と言ったりします。

PL(プロジェクトリーダー)

PLはチームのリーダーとして開発を主導する役割です。

あんまり進捗が芳しくない人には声をかけ、場合によっては作業分担を調整したり、PMと話し合って人員を増やしてもらったりします。

外から見るとあまり目立たない役割ですが、開発チーム側からすると、活躍しててかっこいいイメージです。

PM(プロジェクトマネージャー)

PMはプロジェクトの計画を立て、必要となる要員や資材を確保し、計画した予算・納期・品質の達成について責任をもってプロジェクトを管理する役割です。

つまり、納期に間に合いそうになければ、お客さんに納期の交渉をしたり、人員を増やしたりするなど忙しい立ち回りです。

プロジェクトにおいてかなり重要な役割で、PMが優秀なプロジェクトは炎上しないし、PMがダメなプロジェクトは後々になって仕様変更が発生したりして炎上します。

ITストラテジスト

企業の業務を、情報技術を活用して最適化するための基本戦略を提案・推進する人のことをITストラテジストと言います。

わかりやすく言うと、企業の問題点があれば「こんなシステムを導入すればコストがいくら削減できますよ、もっと効率化できますよ」といった感じで提案する感じですね。

ITについて詳しくなければいけないので、レベルの高い職種だと思います。

ITコンサルタント

企業の経営課題をITを用いて解決する人をITコンサルタントと言います。

ITストラテジストと似たような仕事内容ですが、ITストラテジストは企業内部から提案するのに対し、ITコンサルタントは企業外部から提案するイメージです。

システムオペレーター

システムオペレーターは、主にシステムの監視をする役割です。

誤作動があれば問題を解決することも求められます。

具体的に言うと、毎朝決まった時刻にシステムを起動したり、深夜にシステムエラーが起きないかモニターをチェックするなどです。

基本的には決まった作業しかしません。

専門学校時代の先生いわく、楽だけどめちゃくちゃ退屈で、スキルアップしにくい職業だそうです。

システム監査

システム監査は、監査対象から独立した立場で、情報システムや組み込みシステムに関するリスクや管理状況を点検・評価する人のことです。

監査が終わったら、監査結果をトップマネジメントなどに報告し、改善を勧告します。

こだわりがないならエンジニアでいい

IT業界には色々な職種があるんですが、特別こだわりがないなら「エンジニア」でいいと思っています。

エンジニア職は、プログラミングスキルが身につけられるからです。

プログラミングの経験があると転職しやすかったり、独立してフリーで働くこともできるなど、キャリアの選択肢が豊富です。

 

私の周りにいるエンジニアも、デザインをやり始めたり、プログラマーからSEにキャリアアップしたり、フリーランスになったりと、わりと自由にやってる人が多いです。

エンジニアは結構自由な仕事ですね。

エンジニアの中でも色々ある

ただ、エンジニアの中でも色々あるのでそこは注意した方がいいですね。

具体例を挙げると、

  • 業務システム系
  • 組み込み系
  • ウェブ系
  • アプリ系
  • ゲーム系

それぞれ要求される技術も、働き方も大きく変わります。

業務システムとか組み込み系はあまり自由度が高くないです。

サラリーマン的な働き方というか、同じ企業でずっと勤務したいって人向けですね。

 

一方、ウェブ系やアプリ系は比較的小規模な案件も多く、リモートワークとかフリーランス的な働き方もできます。

私は業務システム系出身ですが、ぶっちゃけウェブ系とかの方が良かったなと思ったりします。

 

ゲーム系は結構ブラックな現場が多いと聞きます。

ゲーム好きな人には魅力的な業界ですが、会社で作る場合は高い生産性を求められるので、ゲーム系に進むならある程度覚悟した方が良いです。

キャリアプランを明確にしよう

一口にIT業界と言っても、その中には多種多様な職種があって、かなり幅広い業界です。

「とりあえずIT企業に就職する」

みたいな漠然とした感じで就職先を選ぶと、「イメージと違った」ってことになるかもです。

 

なので、

「ウェブ系」の「エンジニア」の「プログラマ」になる

という感じで、ある程度はキャリアを明確にした方が良いです。

あとは、5年後、10年後のキャリアもざっくりと考えておくと、就職後のミスマッチを避けられるでしょう。

 

というわけで今回は以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました