マザーズロザリオの衝撃

オピニオン
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、オノユウ(@yumaonodera_)です。

アニメ「ソードアート・オンライン」のマザーズロザリオ編を見てから私の人生観は一変しました。

今回はマザーズロザリオの登場人物「ユウキ」から学んだ人生哲学について紹介します。

初めに言っておきますが、アニメの内容のネタバレがあります。

まだアニメを見ていない方はU-NEXTで見ましょう。

意味なんて無くても生きてていい

死、それはこの世で最も恐ろしいもの。

いつも身近にあって、常につきまとっていて、だけど人はそれを忘れて生きている。

死を見つめ直すとガラリと人生観が変わります。

私が死を見つめ直すきっかけになったのが、絶剣ユウキが死ぬ間際に言ったこの言葉。

「ずっと、ずっと考えてた……死ぬために生まれた僕が、この世界に存在する意味は何だろうって。

(中略)

でも…でもね……ようやく答えが、見つかった気がするよ……意味なんて無くても、生きてていいんだって……だって、最後の瞬間がこんなにも、満たされているんだから……」

出典 ソードアート・オンライン ユウキ

そう、意味なんて無くても生きてていいんです。

この言葉にどれだけ勇気づけられたことか。

最後の瞬間が訪れるその日まで一生懸命生きようと思いました。

 

私の場合、意味のないことはする必要はないという発想からか、生きていることに対する疑問が湧いてしまい、生への執着が薄れてしまうことが多いです。

そんな時にはユウキの言葉を思い出しています。

「意味なんて無くても生きてていい」

ユウキが死ぬ間際に放ったこの言葉だからこそ、妙な納得感があります。

死にたい時、生きてて辛い時、ユウキの言葉を思い出してください。

きっと救われるはずです。

ぶつからなければわからないこともある

誰かに自分の考えや想いを理解してほしい時、あなたはつい逃げてしまっていませんか?

「どうせ分かってくれないから」と、相手と話すのをためらっていてはいつまでたっても自分の気持ちは伝わりません。

「ぶつからなきゃ伝わらない事だってあるよ。例えば、『自分がどれくらい真剣なのか。』とかね。」

出典 ソードアート・オンライン ユウキ

私はユウキのこの言葉を聞いて、「ぶつかる」ことの大切さを学びました。

批判を恐れず、意見を言うことがとても大切なのです。

神様は私たちに耐えることのできない苦しみはお与えにならない

ユウキの母が生前、お祈りの後にユウキとその姉に対して

「神様は私たちに耐えることのできない苦しみはお与えにならない」

と言い聞かせていました。

この言葉にどれだけ救われたことか。

 

仕事で納期が迫っていてストレスを抱えた時、毎日の残業で生きる気力すら薄れかけていた時、

本当に追い詰められてる時に思い出すと頑張ろうって気持ちになる魔法の言葉です。

まとめ

辛いとき、悲しいとき、生きるのが退屈で面倒になってきたとき、生きる気力が失せてくることがあります。

そういう時には、ユウキの言葉を思い出してください。

そうすれば必ずあなたの支えになります。

 

ソードアート・オンラインを詳しく↓

私が本当に面白いと思う神アニメを4つ厳選します【ランキング形式】
この記事は、私が本当に面白いと思うアニメのみをランキング形式で紹介していくコーナーです。本当に面白いと感じたアニメだけを厳選し、独自の視点を交えて解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました