新元号は「令和」に決定!「令和」の由来、意味を解説します

オピニオン
この記事は約2分で読めます。

こんにちは、オノユウ(@yumaonodera_)です。

2019年4月、新元号は「令和」に決まりました。

実際に平成から令和に変わるのは5月1日からです。

本記事では、新元号に決まった「令和」の意味について解説します。

令和の由来

出典は万葉集の梅花の歌です。

万葉集は日本最古の和歌集で8世紀に完成しました。

さまざまな身分の人の歌で4500首以上を収録したものとなります。

梅花の歌の歌い出し

初春の令月にして淑く風和ぐ。梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす。

令和の意味

  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 悠久の歴史と四季折々の文化を次の時代へ引き継ぐ
  • 梅の花のように日本人が明日への希望を咲かせる

令和にはこういった意味が込められています。

元号が変わるのは5月から

元号が変わるのは5月1日からです。

なので学校では、今年の4月1日〜4月30日に生まれた平成31年生まれの子と、5月1日から生まれた令和元年生まれの子が同じクラスにいるという、学年によってはちょっと不思議な状況になりますね。

まとめ

元号が変わるまで残り1ヶ月。

まだ元号は変わっていないですが、個人的にはもう令和気分ですね。

古き良き平成とか、過去にすがるようなことは言いたくないです。

令和時代を盛り上げていって、平成以上に楽しく明るい社会を築いていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました