野外生活6日目 全てのことに感謝することを誓う

雑記
この記事は約5分で読めます。

こんにちは、オノユウ(@yumaonodera_)です。

野外生活6日目。検証結果を報告します。

真夜中のヒッチハイク

この日は根府川駅という場所から出発です。

この根府側駅、率直に言うと何もないです。

写真撮ればよかったと思うんですが、こんなに何もない駅初めて見ました。

そもそも改札すらありません。

電子マネーをタッチできる場所があり、そこでお金を払う仕組みだと思うのですが、理論上はお金払わないで乗車することも可能な感じの駅でした。

この駅で一泊するのは嫌な気もしたので、そのまま熱海まで歩くことに。

 

根府川駅から熱海まで歩く途中、ローソンがあったので休憩していました。

すると、若い男性が声をかけてきました。

こんなところで何してるの?

オノユウ
オノユウ

埼玉から熱海まで歩いています

こいつ正気か?と思われたことでしょう。

しかしその後めちゃくちゃ話盛り上がりました。

状況を話すと、熱海まで歩くのは無理であることが判明。

その理由としては以下の3つ。

  • 車の通りが多い
  • 人が歩く道はない
  • 道中に心霊スポットがあり、そこを通る必要がある

個人的には心霊スポットが怖かった。

前回の記事にも書いた通り、道中で実際に恐怖体験をしてしまったからです。

悩みましたが、この機を逃せば本当に死にかねないと思ったので、車に乗せてもらうことにしました。

家に泊めてもらう

熱海まで車で行きましたが、当然のことながら電車は走っていないので、朝まで野宿ということになります。

野宿は体力的にも辛いなと思っていたら、お兄さんから泊まっていくかと提案が。

車に乗せてもらった挙句、泊めてもらうのは申し訳ないと思いつつも好意に甘えて、泊まっていくことにしました。

 

そして、家で爆睡しました。

 

帰りは川奈駅という場所に送ってもらいました。

川奈駅に到着。

ここから熱海、川崎を経由して帰る予定です。

熱海で食事

電車に揺られながら、熱海へ向けて出発。

30分程度で到着しました。

椅子に座っているだけで移動できるなんて、電車はすばらしい乗り物です。

 

熱海駅到着。

さっきまでとは違い、多くの人で賑わう町です。

 

駅周辺にはビルが立ち並び、発展している印象でした。

 

「まぐろや」という店で定食を食べました。

有名人のサイン紙も飾られていたので、わりと人気のお店かと。

久しぶりの食事だったこともあり、あっという間に完食しました。

金目鯛の煮付けが特に美味しかったです。

値段も1000円程度で食べれるので、他のお店より比較的お手頃な値段だと思いました。

まぐろや – 熱海/海鮮丼 [食べログ]

実家に帰宅

熱海で食事した後は、電車に乗り、すぐさま家に帰宅しました。

相当疲れていたこともあり、風呂に入り、歯を磨くと、速攻で爆睡しました。

人、食事、電車……

そして家。

何もかもに感謝しました。

まとめ

家がなければ家賃と光熱費も削減できるのではないかと思い、スタートした野外生活。

結論は「家はあった方がいい」ということです。

当たり前の日常に日々感謝することを忘れないようにしようと思いました。

とりあえず生きていて本当に良かったです。

 

野外生活全体の振り返りについては、次の記事に書きます。

次回もお楽しみに〜

続きはこちら↓

野外生活エピローグ 過酷な野外生活を通して感じたこと
野外生活のまとめ記事。野外生活といっても、単に歩いただけなんですが……とはいえ学んだこともたくさんありました。今後の生きる糧にしていきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました