献血が怖いと思う理由3つ

雑記
この記事は約2分で読めます。

こんにちは、オノユウ(@yumaonodera_)です。

前回、献血に行こうと思う理由4つで、

私が献血が怖いと思う理由について触れましたが、今回はもう少し深掘りし、詳しく解説していきます。

献血が怖いと思う理由

3つあります。

病院系の施設が苦手

そもそも病院系の施設が苦手です。

病院に行くと、なんだか自由を奪われたような暗い気分になります。

 

通常、病院って元気がある人が行く場所ではないですよね。

エネルギーが少ない人が集う場所です。

だから、自分までその空気に引っ張られる感じがしてしまい、暗い気持ちになるのです。

注射が苦手

注射がめちゃくちゃ苦手です。

理由は痛いのに我慢しなければならないからです。

 

殴られるのを我慢している人はほとんどいません。

身を守るために、避ける、あるいは防御する。

ところが、注射をする時間は、避けるとか防御とかいう選択肢はありません。

耐えるしかない。

理不尽な話です。

 

そもそも注射って、端的に言ってしまえば、体に穴を開けて、血管に針を入れる行為ですからね。

それ自体がすでに異様な行為なわけです。

血を抜かれるのが精神的に辛い

注射であれ、なんであれ、血を抜かれるというのは、体からしたら出血と同じです。

生存の観点からしても、出血するのを黙って放置しているのはおかしな話で、通常はなんとか出血を止めようと思うはずです。

ところが、注射している間はそれを止めることができない。

 

「はーい楽にしてくださいねー」

とか言われても、出血を黙って放置するって、冷静に考えたら異常でして、精神的に辛いです。

その結果、その日の活力が低下します。

怖いけど献血する理由

恐怖を乗り越え、自己肯定感を高めたいからです。

献血は肝試しやバンジージャンプと似たようなものです。

そこには、恐怖が存在する。

しかし、恐怖を乗り越えることができれば、自己肯定感が高まり、今後の行動力につながります。

 

というわけで、今日は実際に献血をします。

献血したらブログに書くので、次回もよければ見てください。

献血に行こうと思う理由4つ
最近、献血に行こうと思いました。今回は、その理由について解説していきます。少しネタバレをすると、全て自分本位です。
献血に行った感想を超リアルに書きます
正直、ネット上の献血にまつわる情報は偏りが多い。世の中には、「献血は痛くない!むしろ気持ちいい!」とか、「献血は体に害だ!」とか色々な意見がありますが、どちらの意見も偏っていると私は思うのです。そこで本記事では、実際に私が献血に行ってきて感じたことを、フラットな目線で書いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました