令和時代の働き方

ライフスタイル
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、オノユウ(@yumaonodera_)です。

5月1日から日本は令和時代に突入します。

昭和の働き方は、きつくても一つの企業で長く働く「職人的労働観」

平成の働き方は、なるべくホワイトな企業で働こうとする「脱社畜的労働観」

じゃあ令和は一体どうなるのか?

本記事では、令和時代の働き方について解説していきます。

令和の労働環境

まずは、労働者を取り巻く環境について解説します。

ポイントは3つ。

  • 機械化
  • 外国人労働者の増加
  • 解雇要件の緩和

一つずつ解説していきます。

機械化

まず、AI分野の発展により、本来人がやらなくてもいい仕事は機械に取って代わられます。

例えば、コールセンター、レジ、販売員、工場の作業員などは真っ先に機械に置き換わると思われます。

これらの職業は徐々に収入が低下し、やがては消滅するでしょう。

また、タクシーやトラックの運転手なども、自動運転技術の発達により、職を失うことになります。

 

機械化によって職を失った人は、別の職業に転職することになります。

また、機械化による失業者が一定以上に達した場合は、政府が補助金の支給を検討することも考えられます。

外国人労働者の増加

令和時代では、少子高齢化がさらに加速します。

そのため、多くの企業は労働者不足に陥るでしょう。

そこで日本では、外国人労働者を採用する流れが加速します。

 

企業は外国人労働者を雇うことで、人件費を低く抑えることができます。

そのため、経営に近い人ほど、より豊かになります。

一方で、一般の労働者は、低賃金に悩まされることになりそうです。

解雇要件の緩和

令和時代では、激化する市場競争に伴い、労働力の流動化が進みます。

具体的には、「解雇要件の緩和」です。

 

従来の企業は、従業員を解雇できる条件が厳しかったため、

能力が低い人でも、正当な解雇要件がない場合、雇い続ける必要がありました。

その結果、能力が低い人が企業に滞留し、能力の高い人を新たに雇えないという問題が起きました。

そして、企業の競争力の低下にもつながっていました。

 

令和時代では、解雇要件の緩和により、能力の低い人はすぐに解雇できるようになります。

そして、人員の不足に応じて、いつでも新たに従業員を雇うようになります。

これによって、労働力の流動化が促され、企業の競争力が強化されます。

 

まとめると、下記のとおりです。

  • 今より失業しやすくなるが、就職もしやすくなる
  • 能力がない人は淘汰され、能力がある人が生き残る

令和時代で生き残るには、より自分のスキルを育成し、積極的にアピールしていくことが大切になるでしょう。

令和の労働観

令和の労働観を表すキーワードは下記の2つ。

  • マルチワーク
  • リモートワーク

一つずつ解説していきます。

マルチワーク

令和時代では、副業が広く浸透します。

副業というのは、複数の仕事を掛け持ちして働くことです。

 

例えば、

「平日はA社で従業員として働き、休日はフリーランスとして働く」とか、

「午前中はA社で働き、午後はフリーランスとしてB社との打ち合わせに参加する」といった感じですね。

 

なぜ副業が浸透するかというと、労働環境の変化があるからです。

先ほども言ったように「機械化」「外国人労働者の増加」「解雇要件の緩和」という流れがあるため、

労働者はリストラされやすく、賃金も低く抑えられます。

そのため、中流以上の生活を目指す人は、必然的に副業をすることになるはずです。

リモートワーク

令和では、リモートワークが注目を集めます。

リモートワークとは、会社に出勤せずに、パソコンやスマホを用いて自宅やカフェで仕事すること。

会議などもSkypeなどを用いたテレビ通話で行います。

通勤時間や交通費を削減できることが、主なメリットです。

 

現在でもリモートワークは存在するのですが、まだまだ一般的とは言えません。

なぜなら、会社員とは「会社に出勤するものだ」という固定観念があるからです。

 

ただ、SNSの普及によって、今後はリモートワークの認知度が徐々に高まるので、

「会社に出勤する」という固定観念も徐々に薄れていくことでしょう。

まとめ

令和の働き方は、会社に依存せず個人で動く「ノマド的労働観」

令和時代の企業は、従業員を守ってくれません。

能力が低い人、会社に頼りきりの人は淘汰される時代です。

だからこそ、自分でスキルを育成したり、SNS等を駆使して、自分をブランディングしていくことが大切でしょう。

 

というわけで今回は、令和時代の働き方について考察しました。

ご意見ご感想あれば、気軽にコメント欄に書いてください。

 

令和時代のライフスタイルもまとめてみました。

令和時代のライフスタイル
本記事では、令和時代のライフスタイルについて考察していきます。未来予測に興味のある方はぜひ読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました