初心者ブロガーでも知っておきたいGoogleの評価基準「E-A-T」のお話

アフィリエイト
この記事は約6分で読めます。

こんにちは、オノユウ(@yumaonodera_)です。

私はブログを運営する上で、Googleに評価されることを重視しています。

なぜなら、どれだけ一生懸命記事を書いても、Googleに評価されなければ検索に表示されることはないからです。

 

もちろん「読まれるブログ」を作る上で、読者が満足する記事を書くことはとても大切です。

しかしそれと同時に、Googleに評価されるよう工夫するのも、より多くの読者に自分の記事を読んでもらうために必要なことなのです。

 

ではどうしたら、Googleに評価されるのか。

実はGoogleには「E-A-T」という評価基準があります。

しっかりと検索流入を確保するなら「E-A-T」を抑えておくべきです。

というわけで、今回は「E-A-T」についてお話します。

「E-A-T」とは何か

Googleが認めている「高品質なコンテンツ」の特徴です。

具体的には、

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness (権威性)
  • TrustWorthiness (信頼性)

の3つです。

Googleは検索順位を決定する上で、「専門性」「権威性」「信頼性」を重視しています。

「E-A-T」を高めるには?

ではどうすれば、「E-A-T」を高められるのか。

  • E(専門性)
  • A(権威性)
  • T(信頼性)

上記の3つに分けてみていきましょう。

E – 専門性を高める方法

専門性を確保するなら、テーマを絞ってブログを運営すべきです。

例えば、雑記ブログの中の一つのテーマとして、素人が投資に関する記事を書くより、元銀行員が投資にテーマを絞って記事を書く方が高く評価されます。

 

同じテーマでクオリティの高い記事を書き続けることは、そのテーマに対して専門的な知識を持っている人でなければ、なかなかできないことでしょう。

だからこそ、同じテーマで何個も記事を書く方が有利というわけです。

 

雑記ブロガーにとっては酷な話ですが、正直言って、特化ブログの方が検索で有利なのは間違いありません。

実際、私も雑記ブログ(当ブログ)と特化ブログの2サイトを運営していますが、検索流入はやはり特化ブログの方が多いかなという印象です。

 

とはいえ、雑記ブログだからといって、専門性を確保できないというわけでもありません。

雑記ブログの中でも、自分の中で得意なジャンルを定めておけば良いのです。

例えば、前職がプログラマーなら「プログラミング」、採用担当の経験があれば「就職・転職」とかですね。

雑記ブログでも稼げている人は、見てみるとやはりブログの中にいくつか得意ジャンルを持っていることが多いです。

私も専門性の確保に取り組んでいるところでして、具体的に言うと「プログラミング」のカテゴリーを伸ばしていこうと思っています。

とはいえ、クオリティの高い記事を書き続けるには、そのテーマに対して専門的な知識を持っている必要があるので、まずは勉強しながらかなと考えています。

 

いずれにしても、ある程度ブログの方向性を定めておくことが、「専門性」を確保する上で大切です。

A – 権威性を高める方法

権威性の確保も先ほどと同じで、テーマを絞る方が有利になります。

例えば、「仮想通貨」に関する記事が多いブログは、そのジャンルに関する権威性が高くなり、

同じジャンルの記事を書いた際に検索上位に入りやすくなるというわけです。

 

あとは、よく言われていることとして、運営者の経歴なども検索順位に影響すると言われています。

例えば、医者が健康に関する権威性が高く評価され、健康関連の記事は上位に上がるというわけです。

逆に、素人が書く健康や投資にまつわる話はあまり評価されないと聞きます。

ここが「権威性」を確保する上で難しいところなのですが、

権威性を上げるならブログ以外でもある程度の実績を残すことが大切だと思います。

 

あと当たり前の話ですが、どれだけ経歴がすごくてもサイトに情報が載っていなければGoogleは判断しようがないので、

「プロフィール」をしっかり作り込むことも大切です。

 

また、被リンクも重要でして、運営歴の長いサイトや人気のブログに自分の記事のリンクが載ってたりすると、権威性が上がると言われています。

被リンクのチェックは下記サイトにて確認できるので、試しにどうぞ。

被リンクチェック

T – 信頼性を高める方法

信頼性を高めるには、運営者情報の開示が大切です。

具体的に言うと、名前とか連絡先ですね。

本名もできれば出した方が、検索で有利みたいな話も聞きます。

ただ、ここは人によりけりな部分だと思うので、自分の価値観に照らし合わせて考えましょう。

 

連絡先の開示については、必須と考えた方が良いです。

多くの人は「お問い合わせ」ページを作っていると思うので、それが連絡先と考えて問題ないと思います。

 

あとは、「プライバシーポリシー」ページを作ることです。

プライバシーポリシーについてはコピペでできると思うので、もし設置していない人とかいたら、すぐに設置した方が良いでしょう。

 

また、ブログ名を指名検索してもらったりすると、信頼性が高く評価されます。

だからこそブログ名は意外と重要で、誰にとっても分かりやすい名前にすると検索されやすく、検索で有利だったりします。

逆に、長すぎたり覚えづらいブログ名とかだと、指名検索されづらいと思うので、場合によっては考え直した方が良いかもしれません。

 

あとはツイッター等のSNSを活用して知名度を上げるというのも一つの手ですね。

知名度が上がると指名検索もされやすくなると思います。

質の高いコンテンツ作りを意識しよう

というわけでそろそろまとめに入ります。

Googleは質の高いコンテンツを重視しています。

質の高いコンテンツの判断基準として、「E-A-T」というものがあるというお話でした。

 

今までの内容まとめると、意識すべき点としては、

  • 得意ジャンルを掘り下げる
  • 自分の経歴を充実させる
  • プロフィールを作り込む
  • お問い合わせ、プライバシーポリシーの設置
  • 分かりやすいブログ名
  • SNSで知名度を上げる

このあたりかなと思います。

 

意識すべき点は多いですが、難しく考える必要はなくて、

「どうやったら読者から信頼されるか」という視点でブログを運営していけば、結果としてGoogleの評価にも繋がるかと思います。

というわけで、今回は以上となります。

ブログの運営を考える上で、参考になれば嬉しいです。

 

また、Googleが特に「E-A-T」を重視するジャンルとして、「YMYL」というカテゴリがあります。

下記記事にて「YMYL」について解説していますので、読んでいただけるとより理解が深まるかと思います。

初心者ブロガーでも知っておきたい評価基準の厳しい領域「YMYL」のお話
投資やダイエットなどの記事は「YMYL」というカテゴリーに分類され、検索順位を決定する上で、通常より厳しい評価基準が設けられています。本記事では、初心者ブロガー向けに「YMYLとは何か」について解説していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました