全世界の怠け者へのアドバイス 〜環境を変えて自分をコントロールせよ

メンタルマネジメント
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、オノユウ(@yumaonodera_)です。

「俺、今日から死ぬ気で頑張るわ」

「これから真剣に人生考える」

「努力するしか自分の道は切り開けない」

「明日から本気出す」

こういう感じの言葉、何度聞いてきたことか。

もちろん自分でも散々言ってきました。

 

独立してからも本当に死ぬ覚悟でブログ頑張ろうと思ってきました。

自分で選んだ道で結果を残せなければ、もうその先の人生はないんだと。

ただねぇ……

怠け者は死ぬ寸前まで怠けきる生き物なんですよ。

 

どれだけ死を覚悟しようとも、必死に頑張ろうとマインドセットしようが、結局は少しでも楽なほうに流れる生き物なんです。

独立して時間があれば作業量増やせると思ったら大間違い。

就活目指してるニートも、受験勉強してる浪人生も、私みたいな専業ブロガーも。

普通に過ごしてたらほぼ100%堕落します。

怠け者は他人と比べるな

ホリエモンや箕輪さんのエネルギー量と、我々のような怠け者のエネルギーを比べてはいけない。

我々は怠け者は基本省エネ。

自由であるほど心も体も自然と楽なほうへ引っ張られる。

そういう生き物だと理解しましょう。

ただ、だからと言って怠け者であることは努力しない言い訳にはなりません。
怠け者なりに戦略を考えて圧倒的エネルギー量の人たちと渡り合っていかなきゃならない。

なぜならそうしないと、自分の望む人生は手に入らないから。

じゃあどうすれば良いか。

まず我々がどういう人種なのか大まかに理解する必要があります。

人間のエネルギー量は生まれつき決まっている

人間のエネルギー量というのはホルモンバランスによって生まれた時からある程度決まっています。

テストステロン、セロトニン、ノルアドレナリン。

やる気を司るのはテストステロン、それからノルアドレナリンも似た働きをします。

これらのホルモンは人によって違うので、やる気が出やすい人、出にくい人が存在するのは事実です。

だからなかなかやる気が出ない時もあるけど、自己嫌悪に陥ってはいけない。

怠け者の性質

受験生の場合「勉強しようかな……それとももう少しゲームやろうかな……」

怠け者はだいたいゲームをやって一日が終わる。

 

ブロガーの場合「ブログ書こう!いや……まだ1日たっぷりあるしもう少しくつろぐか……」

怠け者は結局ブログをほとんど書かずに1日を終える。

 

お分かりかと思いますが、怠け者はとにかく誘惑に弱い。

どれだけ確固たる信念、意志、熱意があろうとも……

誘惑の前にすると人生の目標なんて忘却の彼方に置き去り。

気づいたらテレビを見たり、ゲームをやったり、ツイッターに熱中したりしてるわけです。

環境を変えて自分の本能を思いのままに操れ

じゃあ怠け者はどうすれば良いのか。

誘惑の元を徹底的に排除するほかありません。

方法は二つあります。

家の環境を整備する

テレビを捨てる、ゲーム機も捨てる、お菓子も買わない、ゲームアプリも極力ダウンロードしない。

ツイッターは良い面も多いので削除しろとは言いませんが、作業に集中したいときはタスクを落としておくという手もあります。

ここまでやれば家で勉強したり作業する分にはだいぶ集中しやすくなるでしょう。

カフェやマクドナルドで過ごす

実はこっちの方が効果抜群です。

私の場合、睡眠欲に弱いです。

とりあえず寝る。

疲れたから寝る。

座りすぎて腰痛いから寝る。

といった理由でなんとなく床に寝転がる。

そして次まぶたを開いた頃には1時間後にタイムスリップしていたなんてことがよくあります。

でもカフェやマクドナルドなら寝ることも無くなります。

もちろん他の誘惑もなし。

毎回コーヒー代がかかるものの、その分生産性を確保できるなら迷わずカフェに行くべきです。

まとめ

まず「自分は努力苦手だな」と思ったら自分が怠け者であることを自覚しましょう。

家で1時間以上同じことをすれば強制的に休憩モードに入ってしまうんだと思ってください。

そして怠け者は環境を変えることを意識してください。

図書館、ドトール、マック、サイゼ、なんでも良いです。

自分だけのとっておきのアトリエを見つけ、最高の状態で作業に没頭しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました