野外生活

雑記

野外生活エピローグ 過酷な野外生活を通して感じたこと

野外生活のまとめ記事。野外生活といっても、単に歩いただけなんですが……とはいえ学んだこともたくさんありました。今後の生きる糧にしていきたい。
雑記

野外生活6日目 全てのことに感謝することを誓う

色々あり、なんとか無事に帰宅できました。結論を言うと、家はあった方がいい。
雑記

野外生活5日目 リアルに感じた死の恐怖

精神的に最もおかしくなった1日です。浜辺に閉じ込められるわ、壁をよじ登るわ、車に轢かれそうになるわ、幽霊っぽい声が聞こえるわで、スリリングな1日でした。
雑記

野外生活4日目 大きな道が良いとは必ずしも限らない件

田舎の道は、基本的に人が歩くことを想定して作られていません。車が通る道ばかりなのです。そんな道を危険を冒して歩いた1日です。
雑記

野外生活3日目 「ひといきつきながら」という曲の歌詞が今の状況とだいぶ似ている件

3日目。そろそろ体力的にきつくなってくる頃です。そんな中、ツイッターからは色々な方から応援メッセージをいただきました。
雑記

野外生活2日目 人生で最も多く歩いた日

1日で32キロ歩きました。この時点ですでに野外生活は諦め、宿を借りる方針にシフトしています。ひたすら歩き続けて宿を探す1日です。
雑記

野外生活1日目 信じられないほど過酷な野外生活

結論から言うと、野外生活は無理です。信じられないほど過酷なので。家はあった方がいい。
雑記

野外生活の実験しました

家を手放すことで、毎月の家賃や光熱費の削減が期待できます。とはいえ、家を手放すのはリスクがある。というわけで、どんなリスクがあるのか野外生活をして実際に確かめてみました。
タイトルとURLをコピーしました