私がいらないと思う物12選

ライフスタイル
この記事は約11分で読めます。

こんにちは、オノユウ(@yumaonodera_)です。

周りの人からお金や時間がないという声を最近耳にします。

そして思ったんですが、お金や時間のない人は、いらないものを多く所有しているんじゃないかと。

いらない物を持っていると生活の質は高くならない上に、無駄にお金や時間を費やしてしまうことがあります。

ということで、今回は私がいらないと思うものを12個を紹介します。

私がいらないと思う物12選

テレビ

テレビが無駄な物だと言うと、幼い頃からテレビに馴染みのあった人たちからは極端だという声が聞こえてきそうです。

しかし私からすればテレビは無駄な物の代表格です。

テレビは持っているだけで「NHK受信料」と言う名の維持費がかかります。

これは年間約14000円かかります。

しかもNHK受信料は解約を申し込む月までかかるので、解約し忘れによるトラブルが後を絶ちません。

自分だけは解約し忘れはないと思っていても油断は禁物です。

例えば万が一親が死亡した場合、親がテレビを持っていた場合親のNHK契約を解約していなければ、後になって子に滞納した受信料の請求がされることもあります。

テレビを買うというのはこういったリスクもあるのです。

 

さらにテレビは1日の時間の多くを奪います。

テレビを見ている時間があれば、勉強や読書をしたほうがよほど有意義でしょう。

考えてみてください。

今までテレビを見ていた時間をもし勉強や読書に使っていたとしたら、もっと賢くなっていたかもしれません。

それに今やYouTubeやNetflixなどの動画配信サービスがあるので、テレビはパソコンでも代用できます。

大画面で見たければプロジェクターを買うのもいいでしょう。

プロジェクターをパソコンに繋ぎ、スクリーンに投影すれば映画館のように映画が観れるしテレビよりも安価です。

テレビは生活に必ずしも必要なものではないということを理解しましょう。

固定電話

今の時代、固定電話も不要です。

固定電話はスマホでも代用できるので、あえて電話代余分に払ってまで契約する必要はありません。

昔から固定電話を使っている人だと固定電話がないとなんか心配という意見もありますが、実際には固定電話がなくて困ることは全くありません。

家のスペースとお金がもったいないので、不要なものは捨てましょう。

有線・無線LAN

モバイルWi-fiに切り替えましょう。

そのほうが外でも快適にパソコンやスマホが使えるので非常に便利になります。

色々比較して見たところ「GMOとくとくBB」が一番お得なことが判明しました。

GMOとくとくBBを見る

ゲーム

これは切り捨てるかどうか本当に迷う部分です。

ですが、本来なら切り捨てたほうがいい

個人的にはゲームは小学生〜中2頃までならむしろやらせたほうがいいと思っています。

なぜならゲームにハマった経験がある人はどういうアプリやゲームがヒットするかを知っているから。

ただし、高校受験あたりからはゲームとは距離を置いたほうが身のためです。

 

私自身小・中学生の頃はかなりの時間をゲームに割いてきたので分かるのですが、ゲームには非常に強い中毒性があります。

そのため、本来勉強するべき時や就活するべき時にゲームに逃げてしまう恐れがあるのです。

ゲームを離れた今では勉強や読書、ブログ執筆など自分の人生の目標に沿ったことをできるようになりました。

もしあなたが夢や目標を叶えたいならゲームも切り捨てるべきです。(ゲームをやめる辛さは私もよく分かります)

ゲームをやるのは夢や目標を叶えた後にいくらだってできます。

ゲームをやっていた時間を使って夢を叶えるための時間にあてましょう。

自動車

自動車税、自動車重量税、ガソリン代、車検代、自賠責保険料、オイル・エレメント代、タイヤ代、修理代…

車を維持するのにはとにかくお金がかかります。

軽自動車にかかる維持費は年間で約30万〜40万はかかります。

普通自動車であれば年間で40万〜60万程度。

車持っていると持っていないのでは年間約50万円分は生活に差が出るということです。

 

車にあてているお金を投資や勉強や旅行に使えば、あなたはもっと豊かになり、より賢くなり、より貴重な経験が得られるでしょう。

もちろん田舎で車がないと日常の生活すらままならないというのであれば買うべきかもしれませんが、

都会に住んでいるのであればよほどの理由がない限り車は不要なものとみていいでしょう。

無料で車の査定をしてもらう

高級ブランド品

高級ブランド品はいらない。

高い金払ったところで物持ちの良さも大して変わらず、人からの好感度もそこまで変わらないです。

例えばAさんは無印良品の3000円の洋服を着ている。

Bさんはアルマーニの300000万の洋服を着ている。

アルマーニの洋服の値段は無印の100倍です。

 

ではAさんが着ているアルマーニの洋服は無印の100倍物持ちが良いのでしょうか?

アルマーニを着た瞬間にAさんの好感度はBさんの好感度の100倍に達するのでしょうか?

もちろんそんなことはありません。(もしそんなことがあれば私はアルマーニの洋服を選びます。)

つまり何が言いたいかというと高級ブランド物を着たところで、払った価値以上に元を取れる人なんてほとんどいないということです。

 

もしファッションブランドを展開している社長が自社ブランドの洋服を一切着ないで全身ユニクロであることがバレれば、自社のブランド力が低下するかも知れません。

でも、多くの人にとっては高級ブランド品は必要ないです。

庶民や小金持ちが背伸びして高級ブランドで身を固めたところで見苦しいだけです。

無印良品やZOZOといった低価格高品質のものを選びましょう。

もし使っていない高級ブランドがあればブランディアで売却しましょう。

ブランディアで無料査定する

アクセサリー

アクセサリーも不必要です。

キラキラ輝く宝石で身を固めたところであなたの魅力は輝きません。

人は長い目で見ると宝石やアクセサリーといった外面よりも性格や個性といった内面的な部分に魅力を感じます。

 

あなたが身につけるべきなのは高い指輪でもなくゴージャスなネックレスでもありません。

あなた自身の内面に眠っている魅力です。

魅力は「身につける」というより「取り戻す」といったほうが近いですね。

アクセサリーを買っても大半の人は毎日身につけませんし、買った分以上の元を取ることはできないのです。

クローゼットの奥に眠っている指輪やネックレスなどはブランディアに売りましょう。

スケジュール帳

スケジュール帳もいらないです。

理由は2つあります。

一つ目はスケジュールを書いたところで大抵はその通りにいかないから。

企業の社長や役員クラスでないとそこまでガチガチに予定が決まることはほぼありません。

二つ目はスマホアプリで代用できるから。

わざわざペンとノートを用意して書かなくても、スケジュールはスマホでメモすれば十分です。

 

1000円以上するかっこいいスケジュール帳を買って、その日の予定をこまめに書いたところであなたの仕事のパフォーマンスは変わりません。

大体の人はスケジュール帳買ったところで空白のページをめくり続け、たまにスカスカの予定を書き込むだけになります。

スケジュール帳を買うお金、書き込む時間は無駄です。

スマホのメモ帳にメモするようにしましょう。

オススメのメモ帳は「Evernote」です。

パソコンからでもスマホからでも同じデータを参照できる優れもの。

Evernote

Evernote

Evernote無料posted withアプリーチ

ToDoリスト

新入社員教育の時ToDoリストでやるべきことを管理している人は仕事が早くこなせるようになると言われました。

で、実際に買ってみたんですが全く効果なし。

それどころか作業効率の悪化を招きました。

やるべきことや優先順位の管理をする時間が無駄なんです。

大体の「やるべきこと」は10分もすればできることが大半です。

そんなことはいちいち書く必要がないので思いつき次第どんどんこなした方が効率的です。

そして残ったやるべきことは大体多くても3つ程度になるので、それぐらいは記憶できるはずです。

1日の中でこなすべきことって実はそう多くはないんです。

 

それでも管理しきれなくない場合は、

仕事中パソコンを使っているなら「スティッキーズ」をおすすめします。

WindowsやmacOSに標準搭載されています。

付箋を貼り付けるように複数枚のメモを画面に貼り付けられるので非常に便利。

削除しない限り電源を落としても貼り付けた付箋は残ります。

パソコンを使っていなければやはり「Evernote」で管理するのがおすすめです。

タバコ

今回紹介している12個の「無駄」のなかで最も無駄だと思うのが「タバコ」です。

タバコは税負担が重い商品であり、その税額は63.1%になります。

そして依存性が高く一度手を出したらやめるのに苦労すると言われています。

タバコは、吸ったところで一時的な快楽が得られるだけでほとんど役に立たないゴミです。

こんなゴミに手を出しお金を無駄にしている人が後を絶ちません。

私の周りの喫煙者はだいたいが「少したしなむだけ」とか言って結局ハマってる人です。

 

ちなみに喫煙者の割合を見ると高所得者よりも低所得者の方が高いという調査結果もあります。

一説によると「自制心」が喫煙率や所得に関係しているとか。

タバコは自制心がない人の象徴です。

健康を害するのは当然ですが、お金や時間も無駄になります。

タバコをやめて、その分のお金を他のものに回した方が有意義なのは間違い無いでしょう。

禁煙したい方は電子タバコをおすすめします。

電子タバコで禁煙する

健康器具

私は基本的に買い物で後悔することはほとんどありません。

衝動ではなく長い目で見て役に立つかどうかで購入するものを選んでいるからです。

しかし中には買って後悔したものもあります。

それが「健康器具」です。

私は腹筋を楽に鍛えたいという思いから「ワンダーコアスマート」を買い、

腕力を鍛えたいから10キロのダンベルを2本購入しました。

ところが実際には3日も続かずに辞めてしまいました。

 

私は過去に色々なトレーニング方法を試しましたが、結局は腕立て伏せや腹筋やスクワットといった「自重トレーニング」が一番手軽で効果的だという結論に至りました。

腹に巻くだけで腹筋が鍛えられる物とか売っていますが、苦労しないで鍛えたところでまたすぐにもとどおりに戻るだけなんですよ。

それなら苦労してでも自重トレーニングをしたほうが、精神面も鍛えられるので後戻りしにくいです。

もう楽して体を鍛えるという発想は捨ててください。

そしてホコリかぶった健康器具も家のスペースの無駄なので捨てましょう。

生命保険

これは人によりけりです。

高齢者やもともと体が弱い人など、生命保険に加入した方がいいケースもあります。

逆に病気になった時に保険料に頼らなくても治療費をまかなえるような高所得者やもともと体が丈夫な若い人は生命保険に加入する必要はありません。(それでも絶対とは言い切れませんが)

ただ、なんとなく不安で周りに流されて生命保険に加入している人が多いのは事実です。

 

たとえ毎月2000円程度だろうと長い目で見ると結構な金額になります。

死んだ後になっても周りの心配をする必要はありません。

死んでから保険料で家族に貢献しようだなんて愚か者の考え。

生きている間に残せるものは何かを考えましょう。

自分は生命保険に加入するべきなのかそうでないのか世間を気にせず自分の頭で考えてください。

生命保険に使っているそのお金、投資や勉強にまわせるんじゃないでしょうか。

まとめ

無駄な物を買っている人の多くは衝動に任せて買っていたり、世間に流されて買っている場合がほどんどです。

たとえ多くの人が持っているとしても、実はいらないものもあるかもしれません。

一度冷静になって身の回りを整理してみると、自分にとって本当に必要なものが何か見えてくるんじゃないでしょうか。

いらないものは捨て、本来の生活のゆとりを取り戻しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました