ワークライフハーモニーとは何か

ライフスタイル
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、オノユウ(@yumaonodera_)です。

皆さんは「ワークライフバランス」ってご存知でしょうか。

ワークライフバランスとは、仕事と生活のバランスをうまくとっていこうという考え方です。

ただワークライフバランスはもう古い考えになりつつあるようです。

それに代わって最近世界で注目を集めているのが、アマゾンのCEOジェフ・ベゾス氏が提唱した「ワークライフハーモニー」という考え方。

今回は、ワークライフハーモニーについて紹介します。

ワークライフバランスに感じる違和感

ワークライフバランスとは、仕事と生活のバランスをうまくとっていこうという考え方。

ただ、私はワークライフバランスという言葉に違和感を持ってきました。

仕事と生活は本来切り分けて考えることではなく、仕事と生活の調和を図ることが大切ではないかと。

ジェフ・ベゾス氏が語るワークライフハーモニーとは

ワークライフハーモニーは仕事と生活はバランスを取り合うものではなく、どちらも充実させて互いに融合するものであるという考え方。

アマゾンのCEOジェフ・ベゾス氏が、2016年のRecode Codeカンファレンスで

「私は社員たちに、”ワークライフバランス”よりも、仕事と生活を調和させる”ワークライフハーモニー”を大切にするよう伝えている」

と語ったことで広まりました。

同氏は、アマゾンの新入社員について、仕事と私生活の間で「バランス」を取ろうとするのはやめるべきだと考えています。

バランスをとるというのは、仕事と私生活の間でどちらか一方を追求すれば、どちらかが犠牲にせざるを得ない関係を意味しているからです。

ベゾス氏によると、仕事と私生活は天秤にかけるものではなく、1つの「環」をなすものだとのこと。

 まとめ

ワークライフハーモニーとは仕事も私生活も互いに充実させ、調和を図るという考え方。

個人的にはすごくしっくりきました。

ただ労働時間ばかり気にするのではなく、仕事は私生活の充実を目指していくという発想で仕事をすると、より人生が豊かになるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました